水のトラブルは賃貸ではどう対応するか

水のトラブルは賃貸物件に入居しているときにも起きることがあるので、対応方法を知っておきましょう。

まず、基本は被害の拡大を止めることを最優先にします。水漏れが起きていると、自室だけでなく他の住居にまで影響が出る恐れがあり、非常に高額の賠償を求められることもあるからです。緊急時にもすぐに対応できるように、止水栓の位置と閉め方は日頃から把握しておくと慌てずに済みます。

水を止めたら修理をしなければなりませんが、賃貸物件では建物はオーナーや管理会社が管理しているので、こちらに連絡をして対応してもらいます。しっかりとした管理体制が備わっている物件であれば修理の手配まで行われるので手軽です。しかし、自分で連絡するように指示される場合もあります。水のトラブルの修理にかかった費用をだれが負担するか、という問題がありますが、これはトラブルになった原因で異なります。

通常はオーナーや管理会社には設備に不備がなく利用できるように維持する義務があり、その費用は賃料に含まれるため、老朽化などが原因であれば自己負担は不要です。しかし、蛇口を閉め忘れたり、無理な力をかけて壊すなどの過失が認められる水のトラブルは入居者の責任になるので、扱いには注意しましょう。

なお、オーナーなどに連絡をせずに勝手に専門家に修理の依頼をした場合、老朽化でも費用の支払いを拒否される場合があります。これを避けるために原因を証明する証拠書類を作成してもらうと良いですが、入居する際に対応の確認もしておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *