賃貸の水のトラブルで知っておくこと

賃貸物件に入居していると水のトラブルが起きる場合がありますが、損しないように知っておいた方が良いことがあります。

まず、修理にかかった費用は水のトラブルになった原因によって異なるため、負担しなくても済む場合があります。何かをぶつけて蛇口を破壊したなど、過失があるときは負担が必要になりますが、老朽化して壊れた場合は管理者の負担です。管理者には設備が問題なく動作するように維持する責任があり、維持費は賃料の一部として徴収しているので支払う必要はありません。

ただし、管理者側がこれを理解できていないことがあり、費用を支払わずにトラブルになる場合も多いので入居する前に契約内容を調べ、どちらの負担になるのか意識を合わせておきましょう。明らかに過失がある場合には自己負担になりますが、それでも水のトラブルの修理を依頼する前に管理者に連絡が必要です。

修理を依頼する会社が指定されている場合があるので、スムーズに対応できます。また、賃貸物件では設備はオーナーのものであるため、例え故障していても無断で交換できません。入居時に備え付けられていたものと異なるものを取り付けると、最悪の場合、退去の際に原状回復を求められる可能性があるので許可を得ておいた方が良いでしょう。

水のトラブルでは自室が水浸しになるだけでなく、階下に浸水して他の入居者の家財まで傷めることがあります。状況によっては非常に高額の賠償が発生する危険性があるので、保険に加入していると安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *