賃貸物件での水のトラブルの備え

賃貸物件での水のトラブルの備えとして、保険の加入があります。

火災保険に入ることが多いですが、保証の内容が異なっているのでどこまでが対象になるのか確認しましょう。個人賠償責任特約などがあると安心ですが、これは大きな費用負担が発生する可能性があるからです。例えば自己所有の戸建てで水漏れが起きて家電が壊れ、買い直すお金がなければ諦めるだけで済みます。

しかし、賃貸物件で他の入居者の資産に損害を与えたときには弁済する義務があり、高額の家電などを壊してしまうと支払いが困難になる恐れがあります。長期的に入居していると水のトラブルは避けることができないものなので、安心のために特約のある保険に入っておくと良いでしょう。賃貸契約の内容も入居する前に確認し、管理者と意識の齟齬が起きないようにします。

一般的には入居者に過失があれば自己負担になりますが、経年劣化による破損は管理者側の責任になるので負担する必要がありません。しかし、入居者に負担を求めてトラブルになることがあるので、事前に確認すると良いです。水のトラブルになったときには、管理者に連絡をしてどのように対応するべきか指示を受けます。

もし自分で専門家に依頼するように指示された場合はそれだけで済まさず、漏電の可能性もあるので電気会社にも連絡する必要があります。また、経年劣化であれば管理者に修理費用を請求できるので、原因を特定できる書類も作成してもらいましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *