キッチンで多い水トラブルと修理方法

キッチンは毎日使う場所なので水トラブルも多く、蛇口から漏れてきたり排水栓から漏れてきたりと事故に繋がることも少なくありません。

修理には色々な方法がありますが、例えば据付流し台本体交換だとガス台とキッチンが別になっていて、固定されてないことも多くて台所を置いて蛇腹ホースを付けるだけで終わります。高さや間口が色々あり身長で選ぶことも可能で隙間を耐熱アルミテープで保護します。蛇口のコマパッキンは消耗品で止まりが悪いときに早めの交換がおすすめで、台所だと混合栓などがあって悪い状態で無理を締めると本体のネジを壊してしまいます。

蛇口には2ハンドルだとコマパッキンとスピンドル、レバーならカートリッジが入ってます。スピンドルは本体のネジの摩耗で劣化が異なっていて、カートリッジはレバーの上下運動で内部のプラスチック部品が割れたり隙間が出来ると水漏れのトラブルが起きますが、耐久年数は7年から10年ぐらいです。

蛇口にはワンホールや2ホール、壁付などがあって、それぞれハンドルとレバータイプがあります。ハンドルは右利き用と左利き、レバーは上げと下げがあり、最近はタッチセンサー式などもあってライフスタイルで選べます。キッチンは見えない部品も多くよく使うので、何年もすると部品が傷んだりキッチン自体が劣化します。部品の交換には専門的な技術も必要で、些細な水トラブルも酷くなると他の事故などに繋がる可能性もあります。漏れの原因はどんなものがあって、軽い時に早めに対処することが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *