水回りの詰まりや漏れが発生したときの対処法

排水口に詰まりや漏れが発生した場合、簡単なものであれば自分で直すことが可能です。

まずは細長いものを用意して、排水溝の奥深くに差し込みます。もし詰まりがあるときには先端に引っかかる感触があるので、その感触から何があるのかを想像して対策するようにしてください。もし柔らかいものであればヘドロが詰まっている可能性があります。差し込んだもので少しずつかき出すようにして、お湯も合わせながらきれいに流しましょう。カチャカチャと音がするのであれば、何か物が落ちているのかもしれません。

家族に聞くなどして何を落としたのか確認した上で、シンクの下にある排水管を外してください。曲がっている部分にはネジがあり、回すことで取り外せます。外すと一緒に溜まっていた水がこぼれ落ちる可能性があるので、下にバケツや洗面器を置きながら作業を行うと安全です。後は取り外した曲がっている部分の中から物を取り出せば詰まりはなくなっているはずです。この排水管にヒビが入っていると、水が漏れてしまいます。ヒビを確認できる場合には、その部分のみを取り外し新しい排水管に交換することで直してください。

小さなヒビであれば、充填剤で埋めることで簡易的な修繕が可能です。ただし充填剤が剥がれ落ちてしまうといけないので、定期的に確認する必要はあります。このようにある程度は自分で修繕することができますが、作業が難しいことが多く誰でも直せるというわけではありません。自信がないのであれば、確かな技術を持つ水回りのトラブルを解決してくれる業者に詰まりや漏れの修繕をお願いするのが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *