大阪で雨漏りに気づいたら

雨水は屋根瓦の亀裂から侵入するだけでなく、壁面やサッシの隙間から入ってくることもあります。

屋根に亀裂があっても下には防水シートや断熱材が敷かれているため、少量の雨水であれば吸収されて自然乾燥してしまい、雨漏り発生に気づかないケースが少なくありません。また天井のシミに気づいても、よほどの大雨でなければ生活に支障はないとして、放置している方もいます。その間に住宅の劣化はどんどん進み、ついには屋根の葺き替えが必要になることもあります。

コストをかけずに家を長持ちさせたいなら、早めに適切な修理をすることが大切です。大阪ではほとんど雪がふらず、雨が特別に多いわけでもありませんが、それでも屋根が経年劣化していると、台風や集中豪雨の際に思わぬ被害を受けることがあります。雨漏りの修理で最も難しいのは、原因の特定だと言われています。屋根に誰でも分かるような穴が開いていることはあまりなく、複数の箇所が劣化して雨漏りを起こしている場合もあります。

こういったケースでは、修理しても再発してしまうことが多いので要注意です。雨漏り診断士という民間資格がありますが、これに限らず大阪には原因究明を徹底させ、再発を防ぐことのできる専門業者が数多くあります。大阪でも飛び込みで雨漏り修理を勧める業者がありますが、技術力に不安があったり料金が高かったりして問題になっています。きっちりと修理方法を説明し、根拠のある見積を出してくれる業者を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *